古代ギリシャとローマの文明の始まりから今日まで、この神聖で神秘的な果実は、私たちの世界の人々に非常によく知られています。そのラテン語の名前(F. Carica)のルーツは、紀元前1千年紀の間に生産と貿易のにおいて活発な地域であったトルコ南西部のカリア地域に由来します。

有機乾燥イチジクは茶色がかった色で、柔らかな食感で、サイズが大きく、栄養価が高いです。

太陽の下で自然乾燥させるので、この果物は水分活性レベルが低く、置かれた周囲条件下での長期間の保管と輸送が可能です。

Weight per Package(g) 200g-500g 200g-1000g 200g-1000g 200g-1000g 200g-1000g 200g-500g 80g-1000g 8oz-40oz
(226g-1334g)
200g-1000g - -
Weight per Box (kg) 12 kg 12,5 kg 12,5 kg 12,5 kg 12,5 kg 12 kg 6 kg 14 kg 12,5 kg 10-15 kg 10-15 kg

乾燥イチジクは、非常に低少ないエネルギー(天日乾燥)と水(天水)を必要とする製品であり、二酸化炭素排出量が非常に低く、投入量するもの(農薬、肥料など)の使用を少なく抑えています。

なぜトルコの干しイチジクを選ばなければならないのですか?

トルコは、世界の干しイチジクの代表的生産者であり輸出者の担い手です。

乾燥イチジクの世界生産の約50%はトルコで行われ、世界に輸出される乾燥イチジクのほぼ2/3はトルコを起源としています。トルコのイチジクの名声は、日々行われている膨大な量の取引によるもものだけでなく、サリロップ(カリミルナとしても知られている)と呼ばれる特定の種類のイチジクによるものでもあります。

果物のフルクトースとグルコースの自然な兆候(白い粉)が時々見られます。